2008年03月24日

Vista SP1 インストール

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


3/19に、WindowsVistaのSP(サービスパック)1が公開され、Web上での配布が開始されました。

これによって、Vistaの使用環境が劇的に良くなる。。っていうのはMS社の言い分ですが…(^^;

良くなるかどうかは未知数ですが、少なくとももらえるものはもらっとこう。。的な考えでVistaSP1を教室PCに導入しましたので、インストールのレポートを書きます。


まず、SP1のインストールに先立って、PCにKB937287KB938371の更新プログラムがインストールされているかを確認します。

この2つのプログラムは、SP1のインストールをスムーズにするためのプログラムで、アルティメットエディションでは、もうひとつKB935509という更新プログラムも必要になります。

これらのプログラムは、通常のアップデート時になにげにインストールされますが、念のため確認してみてください。

Windowsボタン→コントロールパネル→ウインドウズアップデート→更新履歴の表示 で、2つ(3つ)の更新プログラムがインストール済みかを確認します。
VistaSP1 (1).JPG VistaSP1 (2).JPG VistaSP1 (3).JPG VistaSP1 (4).JPG

もし入っていなかったら、先に通常のWindowsUpdateでインストールしておきませう。

さて、この作業が終わりましたらいよいよサービスパック1のダウンロードにかかります。

Microsoftのサーポートオンラインにアクセスして、それらしきリンクをクリック(…説明割愛。。(^^;)して、ダウンロード画面に進みます。

VistaSP1 (5).JPG

32bit版(通常版)と64bit版とでは、入り口のリンク先が違うので注意してください。

VistaSP1 (6).JPG

これが32bit版(通常版)の入り口画面です。
『ダウンロード』ボタンをクリックします。

VistaSP1 (7).JPG
VistaSP1 (8).JPG

ファイルのダウンロードを開始します。

VistaSP1 (9).JPG

ファイルがダウンロードされます。

ファイル自体が重いからなのか、今はダウンロードする人が沢山いるからなのか、教室PCでは2機ずつダウンロードしたからなのか、なんかすんごい時間がかかりました。。(^^;
…30分くらいはかかったかも?

VistaSP1 (12).JPG VistaSP1 (11).JPG VistaSP1 (10).JPG

さて、ダウンロードが終了しましたら、インストールに進みます。

VistaSP1 (13).JPG

あとは指示に逆らわずにひたすら進みます。。(…説明割愛。。(^^;)

VistaSP1 (14).JPG VistaSP1 (15).JPG VistaSP1 (16).JPG

これもまた結構時間がかかりましたね〜 o( ̄ー ̄;)ゞううむ

VistaSP1 (17).JPG VistaSP1 (18).JPG VistaSP1 (19).JPG

インストール作業をはじめてしまえば、あとはもうパソコン任せなのですが。。ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。
お茶でも飲みながらゆっくり待っててくらはい。~~且o(・・*)

VistaSP1 (20).JPG VistaSP1 (21).JPG VistaSP1 (22).JPG VistaSP1 (23).JPG

さてさて。。しばし待つとこの画面が表示されます。

VistaSP1(24).JPG

これで完成!



…全4機の作業時間。。約4時間!  (ノ_-;)ハア…



・・・おつかれさまでした。。m(_ _;m) ヘヘー
posted by きゅりかわ店長 at 13:22| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

LAN上でのVista&XPのプリンタ設定

お久しぶりです。きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ

ここんとこでちょこちょことブログネタは出てきたんですが、どれを使おうかな〜と迷っているうちに日数だけが過ぎてしまい。。(^。^;)

今日はとりあえず

『LAN上でのVista&XPのプリンタ設定』

について書いてみようかなと。


Vistaを本格的に教室に導入してから、この『LAN上でのVista&XPのプリンタ設定』については、いくつか試行錯誤をしてきました。

うちの教室では、インストラクション用のPCが7基ありまして、そのうち3基にプリンタが繋がっているのです。
(使用プリンタ:EPSON PX-V500、PM-4000PX、Canon MP-500)

当初、そのプリンタはXPのPCに繋がっていたのですが、これですとVistaのPCとはLAN上でど〜しても共有できなかったのです。。

ということは、XPパソコンからは印刷できるのに、Vistaパソコンからは印刷できない…という状況になっていたわけでして。

VistaパソコンからXPパソコンの共有ファイルにアクセスしようとしても、何度試しても跳ね返されていたのです。

ドライバがまだ対応してないのかな〜とかも思ったのですが、それはどうやらそんな事もなく。。



…これって、やっぱしいわゆる『上位互換』ってヤツですか?


と思って、PCの配置を変えてVistaにプリンタをつないでLAN設定をしてみると。。

あ〜らふしぎ!
ちゃーんと印刷できるじゃあ〜りませんかっ!

(チャーリー浜風)←ふ、古っ!


まぁでも、まだ色々と試せば最終的にはVistaからXPに接続したプリンタにアクセスできたかも知れませんけど、いつまでも印刷できない状況にしておくわけにも行かず、上記のような対処をしたわけであります。。


…ってなところで、ばいちゃ!
posted by きゅりかわ店長 at 12:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

office2003 VS 2007

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ

教室の「Vista完全対応計画」も大詰めを迎えており、ブログの更新の方も前回予告した内容から変更しようと思いました。

ま、アンチウイルスソフトのいたずらなんていう地味〜なネタは後回しって事で。。(^。^;)


…という事で、タイトルのようにoffice2003と2007の違いについて、ざっと述べようと思います。

本来は画像も入れようと思ったんですが、諸事情により今すぐには出来ません。ご了承の程を。m(_ _"m)ペコリ


…まぁ、僕がここで述べるまでもなく、office2003と2007とは

るっきり変わった
わけですが。

その最たる変更点は、メニューバーとツールバーの概念が全然変わってしまった、という事です。


2003までは、メニューバーにソフトの全機能を格納し、その中で使用頻度の高い機能がツールバー上に抜粋されていたわけです。
ですので、ユーザーが意のままにソフトを使いこなすためには、最終的にはメニューバーの機能を覚え込んで、その使用上の近道としてツールバーを使うという感覚が必要だったわけです。

ですが2007になりますと、すでにメニューバーの全機能ががタブとして分類されていて、その下に各メニューの全機能が並べられているのです。
この『各メニューの全機能が並べられている』部分を、office2007では“リボン”と呼んでいます。

つまり、2003まではツールバー上の機能を覚えた上で、メニューバーでも同じ事ができるんだ(この逆もOK)、という覚え方をしていたわけですが、2007ではメニューバーの機能の分類を覚えていけばよい事になります。

しかも、2003のツールバー上のコマンドアイコンの形状と、2007のリボン上のコマンドアイコンの形状はほぼ同じ(2007では、メニューバーの全機能をコマンドアイコン化しているので、新しく出てきたコマンドアイコンもありますが)なので、2003を使えている方は2007もあまりストレスを感じずに使う事ができるかもしれません。

しかし、2007を覚えた方が2003も同じような感覚で使えるかというと。。大いに疑問です。


僕の感想としては、操作感覚をクルマの運転に例えると、2003までは“マニュアルミッション車”、2007は“オートマ車”くらいの違いがあるように思います。

つまり、2003の方がユーザーが覚えておかなければならない事が多かったり、また、2007の方がユーザーが覚えなければならない事を覚えやすくなっているという事ですネ。


…最初っからofficeをこう作っておけよマイクロソフト!(;`O´)oコラー!


…さてさて。。今週末はVista導入の最終確認作業が待っておりまする。。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…
posted by きゅりかわ店長 at 17:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

office2003

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


このVista完全対応計画の連載も9回目。。

実際には、教室ではもう少し先に進んでいるんですが、どうにもブログの更新の方が追いつかず。。(^。^;)

今日も授業をアシスタントに任せっきりで、ブログの更新にうつつを抜かしている今日この頃であります(微笑)。


さてさて、今日のお題は『office2003』です。


まず、ソフトウェアの販売形態にはいくつかありまして。。

【1.パッケージ版】
ソフト会社が家電品店等に普通に卸している形態。いわゆる「正規版」と言ってもいいと思います。

【2.アップグレード版】
古いバージョンのソフトウェアを新しいバージョンにアップグレードさせるための形態で、パッケージ版より安く購入できます。

【3.OEM版】
新しいパソコンを購入した時にすでにインストールされている形態。ソフトウェアの代金はパソコンの購入代金に含まれています。

【4.ダウンロード版】
アンチウィルスソフトでよく採用されている形態。インターネット上で購入契約をして、料金支払い後にメールで発行されるパスワードやIDナンバー等を使って、Webサイトからダウンロードする事によって納品されます。メーカー側から見ると、輸送コスト・販売コスト・包装コスト等が削減できるため、パッケージ版よりも安く購入できます。

【5.アカデミック版】
Microsoft officeで採用されている形態。いわゆる「学割」で格安に購入できますが、学生・教育機関を販売対象にしていますので、この形態で購入するにはユーザーが学生・教育機関関係者である事を証明する書類が必要です。

【6.DSP版】
あるハードウェア(カードリーダーやフロッピーディスクドライブが多いです)との抱き合わせ販売で格安に購入できる形態。デスクトップPC、しかも自作の余地があるパソコンしか対応できませんが、格安で購入できます。

…とまぁ、もしかしたら他にもあるかもしれませんが、僕が知っているのはこの6形態くらいですし、今日の話題的にはこの6つを知っていていただければ差し支えないので、話を先に進めます。


んで、今回教室のパソコンを入れ替えるに当たって、今まで使っていたoffice2003を新しいパソコンに引越しできるのか。。
というのをいくつか調べていたわけです。

ま、結論から申上げて「ダメ」だったわけですが。。(泣;)

旧PCに入っていたoffice2003は「OEM版」だったため、Microsoftの『アクティベーション』にパスできないのでした。

アクティベーションとは、Microsoftがソフトウェアの不正コピーを監視して、原則としてソフト1本につき1台のパソコンにのみインストールさせるように、インターネットや電話を使ってユーザーに確認を求めるシステムです。

詳しくはここへ。

…まぁ、仕方がないのでoffice2003については、押し入れから古〜いoffice2000を引っ張り出してきて(この当時出たofficeではアクティベーションシステムはまだ採用されていなかったので)、office2003のアップグレード版を新たに購入するハメになったのです。。

(・へ・;;)うーむ…

これがパッケージ版なら、Microsoftに電話で再インストールの確認をするだけでよかったんですがねぇ〜。。
ウチの教室では、office2003のうちでこの手が使えるのはPowerPointだけでして。。

o┤*´Д`*├o アァー


…とまぁ、今日はこんなところで。
次回は『Windows live1Careの陰謀』を書く予定です。


ではでは。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=……仕事仕事っ!┏(; ̄▽ ̄)┛
posted by きゅりかわ店長 at 16:28| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

Vista 胎動!

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


今日はVistaインストールについてアップしまする。^^


さてさて、パーティションも無事構築しまして、新たに構築したGドライブにVistaをインストールするわけです。


まずは光学ドライブ(DVDドライブ)にVistaのDVD-ROMをセット。
RIMG0035.JPG

コレが最初の画面。
ハードウェアはすでにVista用に構築しているので『今すぐインストール』を選択。
RIMG0036.JPG

…しばし待つと。。
RIMG0037.JPG

当然、ライブアップデートを有効にしてインストール。
RIMG0039.JPG

んで、プロダクトキーを入力。。
RIMG0041.JPG

今回は、新たなドライブに新たにVistaをインストールするので『カスタム』を選択。
RIMG0042.JPG
XP等の旧OSからアップグレードさせる方は『アップグレード』を選択します。

そして、ウチの教室の場合はデュアルブートなので、『ディスク0パーティション2 Vista(G:)』を選択。
RIMG0044.JPG

…んで、ここから先はパソコン任せ。
もし、お食事が済んでいない方がいらっしゃったら、パソコンはこのままにしておいてゴハンでも食べに行ってしまいましょう。
RIMG0046.JPGRIMG0047.JPG

…さてさて、お食事から帰ってきたら、マイクロソフト社に他人にソフトを貸さない旨、誓いを立てます。
RIMG0049.JPG

んでんで。。

Vista胎動!

RIMG0051.JPG
一番最初に『ウェルカムセンター』という画面が表示されます。
これは切ってしまうことも出来ますし、後から呼び出す事もできます。

今後は、電源を入れるたびに(再起動の場合も含めて)、OSはXPとVistaのどちらを使うのか、必ず指定する事になります。

これがその選択画面。。
RIMG0055.JPG
30秒以内にXPに切り替えないと、そのまんまVistaが立ってしまいます。。(^^;


こんな感じです。^^


さてさて、次回はちょっとした懸案事項だったoffice2003についてレポートする予定です。


ぺこ <(_ _)>
posted by きゅりかわ店長 at 16:26| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

デュアルブート!

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


前回、デュアルブートの作業写真を撮り忘れていたと思っていたんですが、デジカメではなくてプリントスクリーンで画像をキープしていたのを思い出したので、当初の予定通り『デュアルブート』のレポートをいたします。


さて、おさらいですが。

いくら新しいOSが出たからといって、現在使っているソフトやファイル、デバイスドライバ等々がすぐに新しいOSに対応するかと言うと。。必ずしもそういうわけではありませんよね。

ですので、一定期間はパソコンの中に旧OS(=XP)と新OS(=Vista)を共存させておこう。。という考え方もあるわけです。

そこで、その新旧OSを1台のPC内に共存させるために、PCのハードディスクを区分けして切り替えて使うための設定が『デュアルブート』なわけです。


今回使用するのは「LBパーティションコマンダー10」というソフトです。

最初の時点でPC本体には、Windows XP Media Center Edition がすでにインストールされていますので、まずはパーティションコマンダーをインストール&起動。。

db1.JPG

これが設定画面です。
左上の「パーティションの作成」をクリック。

db2.JPG

パーティションの作成そのものは、ウィザード形式で選択していくだけなのでカンタンです♪
「次へ」をクリックすると。。

db3.JPG

現時点でのHDDの状況が表示されます。
「ベーシックハードディスク0」をクリックして「次へ」。

db4.JPG

上段に現時点でのHDDの状況、下段に変更するHDDの状況が表示されます。

db5.JPG

「新しいパーティション」のところのスライダをドラッグして、切り分けたいパーティション領域を設定します。

db6.JPG

「パーティションのタイプ」はNTSFを選択、ドライブの文字を適当の割り当てて「次へ」。
これでウィザードの操作は終了です♪

db8.JPG

設定画面に戻ったら、「適用」をクリック。

db9.JPG

db10.JPG

ソフトウェアがHDDの分割作業を始めます♪

db11.JPG

ちょっと待つと完成!

マイコンピュータを開くと、HDDのアイコンが2つ出来ています♪


…ってな具合です。
意外とカンタンでしたよ!


さて、次回はやっとVistaのインストールについて書きまする。

ではでは。m(_ _"m)ペコリ
posted by きゅりかわ店長 at 14:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

バルクのカードリーダーを組み込みますた。

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


新マシンを立ち上げるのに必要なアイテムがひと通りそろったので、いよいよバルクのカードリーダーを組み込んでみまちた!


一応、作業進行順に写真をのせましたが、もし、ご自分でも同じ作業をしようとしている方がいましたら、くれぐれもこの記事だけを参考にはしないでください。
写真だけでは、パーツやコードの取り付け位置を正確に確認するのは不可能ですし、そのPCに使われているマザーボードによって取り付け位置も全然違うはずですので。


ま、ブログのネタくらいに思ってくださいね。。(^^;


ではでは。

まず、これがうちの教室で使う新マシンです!

RIMG0011.JPG

旧マシンはe-MachinesのJ2920なのですが、大きさはこれより2割増です。(^^;
だけど、重さは旧マシンよりかなり軽いです。
パーツの一つ一つが軽くなったんでしょうか。。?


RIMG0014.JPG

まずは、カードリーダーを取り付ける穴を開けます。
位置は最初から決まっていますので、そこをふさいでいるプラスチックのフタを満身の力を込めて押すっ!!


『ふんりゃぁ〜!!』


って感じで、本体の箱の内側で引っかかっているツメを押し広げながら、外から思いっきり押すっ!
くれぐれも指のつめをはがしたり、指の骨を折らないように気をつけませう。

RIMG0019.JPG

こんな感じに穴が開きます。

フタのツメ方はこんな感じにブチ割られます。

34.JPG

なお、ウチのPCでは、このツメが割れちゃっても取り付けに差し障りはありませんでした。

この穴に、バルクのカードリーダーを挿入。
挿入したら左右4ヶ所をミリネジで固定します。
(写真はとりあえず1ヶ所を留めたところです。)

RIMG0021.JPG

カードリーダーの背面からUSB出力コードが伸びているのがわかるかと思います。

RIMG0020.JPG

これを、マザーボードの所定の位置に差し込んで(場所は付属の取説で確認)、次に帯みたいなコードでカードリーダーとマザーボードを接続。。

これは、上下関係を間違わないようにツメがついていますので、一致するようにして差し込むわけです。

RIMG0024.JPG
これと、
RIMG0024.JPG
ここ(一番下の小さい端子)を接続。


すると、こんな感じになります。

RIMG0028.JPG
RIMG0026.JPG


そして、カードリーダーに電源を供給するコードをつなぎます。

RIMG0022.JPG

PC本体の箱の上部は電源の供給BOXでして、そこから電線がうねうねと延びています。
その中からカードリーダーにとどく電線を、上下を間違わないように接続。。

RIMG0028.JPG

ここまでやると、こんな感じになります。

RIMG0027.JPG

…む。。電源をつなぐ前の写真でしたな。。(^^;

んで、これが作業完了後の箱の中。

RIMG0033.JPG


後は、本体の左右のフタを元通りにはめ込んで完成。


さてさて、次回はXPのセットアップとパーティションコマンダーでHDDを分割する作業をレポートするつもりでしたが、写真を撮り忘れてしまったのでカンベンしてください。
(;^◇^;)ゝ イヤァ


だって〜 またやり直すのヤなん

だもん。



※この記事についてのご質問等は一切ご容赦ください。
 くれぐれも、PC内部をいじる行為は自己責任で!


という事で、次回はVistaのインストールを書く予定です。


ではでは。(*- -)(*_ _)ペコリ
posted by きゅりかわ店長 at 23:40| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

アンチウイルスソフト

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


久々の更新は、Vista対応計画第5回です。


ここのところで少し進展があったのですが、まずは前回の予告どおり、今回使用するアンチウイルスソフトについて書きまする。

アンチウイルスソフト.JPG

今回、新マシンのアンチウイルスソフトに選んだのは、マイクロソフトの『Windows Live One Care』というソフトです。


まぁ、シマンテックやトレンドマイクロやマカフィーといったメジャーどころを使わなかった理由はたったひとつ、

これです。

キャンペーン用紙.JPG


やっぱアンチウイルスソフトには極力おカネ掛けたくないじゃないですか(苦笑)。
それでいて、安いんだけど信頼性はガタ落ち(とボクは思ってます。過去にダマされましたし(苦笑)。)のソー●ネク●トのソフトは使いたくないし。。


…となった時に、やっぱしマイクロソフト製なら、クルマでいえば純正パーツを使うみたいなものなんでひとまず安心できるし、でもまぁマイクロソフトとしては初のアンチウイルスソフトなので、信頼性については今のところなんとも言えないけど、なにしろ



キャッシュバックキャン

ペーン




というのが、今のボクにはデカいし。。




だってさ〜、今のPCのうち、別途3台があと1か月でライセンスが切れるんすよ。。(ぼそ)



posted by きゅりかわ店長 at 22:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

パーティションソフト

きゅりかわ店長です。 <(_ _)>ぺこ


ここのところ、ぷちネタが続きましたが(苦笑)、今日はちょっと久々にまともなネタを。(^^;


新マシンのデュアルブートを実現する、パーティションコマンダー10が納品になりました。
パーティションソフト.JPG


パソコンのハードディスクというのは、PC内のデータを収納するための言わば『倉庫』でして、その倉庫に壁を設けたり区分けをするためのソフトが今回納品になったパーティションコマンダー10なのです。


新マシンのハードディスク容量は160ギガバイトあるのですが、VistaとXPのデュアルブートという事で、1台のPCのハードディスクをVista用の領域とXP用の領域に区分けをする必要があるのです。

XPのみで使用している旧マシンのハードディスク容量は80ギガなのですが、2年間使っていても30ギガ程度しか使っておらず、まぁ40ギガもあれば充分でしょう、という事で、XP用のハードディスク領域は40ギガに設定する予定です。

Vistaの方は、OSの稼動用に何もしなくても40ギガを食うので(汗;)、データ格納用に別途80ギガをキープ。
という事で、Vista用のハードディスク領域は120ギガに設定する予定です。

この各OSごとの設定ですが、使ってみて具合が悪ければ、改めて変更する事もできるので、将来的にXPをほとんど使わなくなったとしても、XPの領域をごくカンタンにVistaに移行できるわけでして♪


…とまぁ、うちの教室ではこんな使い方になるわけなんですが、通常のパーティションソフトの使い方としては。。


最近のPCというのは、買ってきた時からOS用とデータキープ用にハードディスク領域が切られている事が多いのです。

これは、主にパソコン不調時におけるリスクヘッジ、つまりOSを再インストールしないとパソコンが復旧しないような事態に備えて、あらかじめハードディスク領域をOS用とデータキープ用に切っておき、もしOSに何かあっても、OS用の領域にのみ再インストールすれば、データキープ用領域は無傷で復旧できる、という配慮によるものです。

ですが、何か新しいソフトをフツーにインストールすると、通常はOS用の領域に書き込まれてしまうわけで。。(^^;

通常初期設定では、データキープ用領域よりもOS用領域の方が狭い設定になっているので、これがたび重なると、そのうちデータキープ用の領域にはまだ全然空きがあるのに、OS用領域がパンパンになってしまってパソコンが動かなくなる、なーんて事態も有り得ます。。

このような時に、パーティションソフトを使ってOS用領域を広げてやると、パソコンをスムーズに復旧させる事ができるのです♪


…そんなわけで、次回のこのカテゴリの更新予定は、『アンチウイルスソフト』について書く予定です。


ではばいちゃ。 <(_ _)>ぺこ
posted by きゅりかわ店長 at 15:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

来た!

RIMG0001.JPG

本日、

office2007Windows Vista

Home Premium
納品になりまし

た!!


ま、office2007はアカデミック版ですが。。
(…うち、一応教育機関なんで。。(^◇^;)ゝイヤァ)


で、Vistaの方ですが、

『ん?なんかパッケージが違くない?』

とか思った方もいるかもしれません。

これは「DSP版」と言いまして、フロッピーディスクドライブやカードリーダーなどのハードウェアの付属品としてOSを購入すると、普通に買うよりも全然格安に購入できるのです!

…ですが、条件がいくつか。。

1.ノートパソコンは不可。

2.デスクトップでも、すでにフロッピーディスクドライブやカードリーダーなどが内蔵されている場合、PC自作の経験が無い方は手を出さない方が無難。
(一旦すでに組み込まれている内臓ユニットを取り外して、新たにDSP版対応のユニットを組み込むため)
RIMG0004.JPG


…という事で、うちの教室の場合、すでに納品済みのXP Media Center Editionの新マシンに、DSP対応のカードリーダーを組み込んで、そこにVistaをデュアルブートでインストールするという作業を踏む事となります。





…そして、この作業を4台分。。





ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=。・゜(゜ノT-T)ノ
posted by きゅりかわ店長 at 15:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

♪箱の中身はなんじゃろな〜♪

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ

…というわけで、Vista完全対応計画第2回です。^^


今日は、納品になった新マシンの箱の中身を一

挙公開!


この箱は2重底になってまして、1段目には本体内部のパーツの箱が、こんな感じに詰め込まれてます。
2.5 (2).JPG


んで、2段目にはビルドアップ済みのPC本体がしまわれていると。
2.5.JPG


そして、PC本体の中にどんなパーツが積み込まれているかと言いますと。。


まずはマザーボード。
2.5 (4).JPG


そして、Vistaの最大の特徴である『エアロ』グラフィックシステムを支える、グラフィックボード。
2.5 (3).JPG


PCの心臓部、CPU。
…今回は予算の関係でセレロンになってしまいましたが。。(^^;
2.5 (5).JPG
…実は、きゅりかわ店長仕様のPCだけはペンティアム4が積み込まれてたりして。。
( ̄ー ̄)ニヤリッ

ま、まだまだCore2Duoなんか入れられませんぜ。。
壁|дT)o エーン


XP時代は256メガだったメインメモリですが、今回は1ギガ(XP時代の約4倍)を装備しました。
2.5 (6).JPG
…実はこれでもヘタしたら足りないかも…Vista恐るべし。。


Windows XP Media Center Editionのセットアップディスク。
2.5 (7).JPG


標準装備のマウスとキーボード。
2.5 (9).JPG


…ま、箱の中身はこんな感じです。


ついでに、これらのパーツが組み込まれたPC本体内部はこんな感じ。
PC内部.JPG


さてその後、VistaはDSP版で入れることにしましたので、カードリーダーを別途自分で組み込む事になりました。
また、office2007はProfessionalを購入。。
さらに、office2003をどうしたら一番安く入れられるか現在調査中であります。

ではではまた〜o(^◇^)/~~♪
posted by きゅりかわ店長 at 22:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

納品!

本日から新カテゴリの『Windows Vista 完全

対応計画!』
をアップしていきます!


今日、発注していた新マシンがつ

いに納品となりました!



とはいえ、現時点ではVista Home Premiumにアップグレードさせる事が前提となっている、XP Media Center Editionがインストールされているマシンです。

各メーカーの見積もりをオンラインで取り寄せたところ、Vistaの場合はやはりハードウェアの要求性能がXPより格段に上なので、メーカーものでは予算の足が出てしまうためショップブランドPCとなりましたが、この方がまとまった台数を買うにあたっては、格安に導入できると思います。

ま、トラブル等については未知数ですが、それもアフターフォローは発注先が秋葉原で近いし、どうにでもなると思いまして。

さて、このVista完全対応計画ですが、とある生徒さんからこんな質問をいただきました。


「OSが新しくなる事で、今までのXPは使わなくなるんですか?」


はい。キュリオ川口店においては、そんな事は全くありません。


「デュアルブート」という方法でVistaをインストールしますので、通常はXPを使用し、Vistaの授業を受けたい方が席にお座りになった時は、PCのOSをVistaに切り替えて使う事ができるのです。

そのために、Vistaが出てから買うのではなく、XP Media Center Editionがインストールされているマシンを導入したわけです。


今後の予定ですが。。

Vista HomePremiumへのアップグレード
内蔵型カードリーダーの購入・取付
デュアルブートのためのパーテーションソフトの購入・インストール
office 2003&2007の購入対策
…まだまだオカネがかかるなぁ。。

XP Media Center Editionの状態での授業への導入
Vista&office2007の授業対策(テキスト購入・Vistaと現時点で使用しているソフトウェアとの相性チェック・研修等)
新OS・office対応の新しい教室コンテンツの開発
Vista・office2007対応に絡んだ広告戦略その他
…まだまだ勉強せにゃー!


という事で、今後このカテゴリでは、Vistaを業務や授業で使うまでの軌跡や、Vistaのインプレッション報告等をアップしていきます。


とりあえず今日は納品になった新マシンの箱の写真でも。。

RIMG0120.JPG

posted by きゅりかわ店長 at 16:38| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista 完全対応計画! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。