2008年03月07日

愛煙家としては。

きゅりかわ店長です。m(_ _"m)ペコリ


先日、こんな記事を見つけました。


『たばこの値段を1箱1,000円にすれば、喫煙者(未成年の喫煙者含む)は減るわ税収は上がるわいい事尽くめじゃん。』


…ということですな。。


ま、僕でしたらたばこの値段が1箱1,000円になっちゃあ、止める努力はするでしょうね。。(^^;

その代わり、『世知辛い世の中になってきたもんだなぁ。。』とか思うようになるんでしょうけど。


ここから先は『屁理屈じゃん!』とか思う人もいるでしょうが、あえて書かせてもらいます。



…そんなに上手くいくかね。。( -_-)フッ



こういう、たばこを法の力で締め出そうとする発言を見聞きするたび、僕の脳裏に浮かぶのは、アル・カポネの時代にアメリカで実施された『禁酒法』なんであります。

お酒が違法とされた事で、当時のマフィアにカネの成る木を提供しちゃった、あの悪法です。


たばこだってそう。たばこが違法化(高額化)すれば、ヤミで売られるたばこもきっと出てきます。恐らく、マル暴関係がウラで糸を引く未成年者や外国人のブローカーが、きっと出てくるんじゃないかなーと。。

だって、たばこって1箱作る原価なんてホントたかが知れてますよ!?
そんなタダ同然のものに、すごい値段つけちゃマズイでしょ。。

…って事は、ひと箱売るだけでかなりの旨みになってしまうわけで。。

そういう『違法だけど売買すればオカネになる』という商材は、マル暴関係者の得意中の得意とする商材です。

んで、ワルい奴ってのは、必ず自分が表に出ないでウラから糸を引いて操るワケ。。

検挙されても痛くも痒くもない存在が、そういう組織からブローカー役として使われるワケですね。。


…そう。。今の覚せい剤や大麻の取引ルートみたいに。。


人間って、『やっちゃダメ!』と言われると、余計やりたくなる。。という、悲しい習性を持ってる生き物だと思うんですよ。

ネット上の誹謗中傷だって根っこは一緒。ネット上だろうが現実だろうが、誹謗中傷なんてのは『やっちゃダメ』な事。

ネット上ではそれが匿名性をもって、しかもある局面では錦の御旗にさえなってしまう性質を持っています。

とある掲示板上でも、「たばこ吸ってまーす」なんて書こうものなら、ボコボコにされかねませんよね。。(^。^;)


…おっとっと、話がずれました。たばこの話ですよね。(^^;


たばこ自体が日本に入ってきたのは、戦国時代と言われてます。
日本で最初にたばこを吸った女性は、淀君だったとも言われてます。

それから500年以上もかかって、たばこは貴族から庶民の嗜好品として浸透してきたわけです。

明治中頃の日清戦争・日露戦争の頃などは、たばこから得られる税金は、戦費として重要な財源だったとも言われてます。

僕の子供の頃だって、『赤いスイートピー』なんて曲には、



『♪たばこ〜のにおいシャツに〜♪そっと〜♪寄り添うから〜♪…』




なーんて、『大人っぽさの象徴』として扱われてたワケですよねぇ。。

当時はたばこを嫌う人は肩身の狭い思いをしていたのか、たばこの味が変わってしまったのか、はたまた人々の感性が変わってしまったのか。。


ま、きゅりかわ店長としては、

『たばこを1,000円にするとか、そういうコマい事を言いなさんなよ。。』

という感じでしょうか。(-ω-;)ウーン



…あ。屁理屈でしたね。(。-人-。) ゴメーン
posted by きゅりかわ店長 at 23:18| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | tabaco(★`▽´)y-°°ウマイゼィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。