2006年10月30日

いじめって。。

週末にいじめ関連のニュースが結構ありました。

個人的にも思うところがありますので、書いておきます。

僕の今までの人生を振り返ると、やっぱしいじめってありました。

学生の頃も、社会人になってからも。

正直申しまして、人をいじめたことも、人にいじめられたこともありました。

総じて考えるに、こういうのって『幼児性』が原因のひとつだと思うんですよね。

人間って幼いというか、子供っぽい人って、

『自分より弱い立場の存在を確認することで、自分の強さを確認して安心したい』

っていう意識ってあると思うんですよ。

でも、成長するにしたがって、
『自分より弱い立場の人と同じくらい、自分より強い立場の人がいる』
って事がわかってくると思うんです。

弱い人をいじめている自分が、いつ強い人にいじめられるか、わかったもんじゃない、って事ですよね。

そうすると、
『自分より弱い立場の存在を確認すること』って、実は『自分の強さ』とか『安心』とは全然関係のない事なんだ、って事がわかるわけです。

すると、少なくとも弱い者いじめって事がアホらしく思えるわけです。
強い人にならなきゃいけないとも思うわけです。

そういう経験とか考え方とかに脱皮していくことって、『成長』のひとつでもあると思うのですが。。


…でも、この“いじめ”の問題って、結構以前から話題になってますよね。

にもかかわらず、いじめの問題がたびたび話題になるって事は。。


…日本人って、もしかしたら幼い人ってのが多いのかも。。
posted by きゅりかわ店長 at 06:28| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸事雑感 (時事ネタ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。