2006年07月04日

花形プロスポーツ選手の引退

中田英寿選手が引退表明をしました。

意外と言えば意外ですし、『やっぱりな』とも思えないわけではないけれど、今回の事で過去の色々な選手の引退の場面が思い起こされてきて、ちょっと書いてみようと思いました。

やはり今までで一番印象に残った引退会見は、横綱千代の富士。

『体力の限界っ…』

胃から搾り出すようなたった一言で、会見を見る人に全てを伝えつくした大横綱はやはり偉大でした。

ズタボロになってもまだ現役にこだわり続け、そしてひっそりとグラウンドを去っていった3冠王3回の落合博満、200勝200セーブの江夏豊。

『ズタボロになってもまだ現役にこだわり続ける』という行為は、一見引き際が悪いようにも見えるけど、“最後の最後まで諦めない”という事がいかに困難かつ尊い事かを教えてくれていると僕は思います。

プロスポーツ選手としての衰えが来た事がわかった時点でスパッと現役を退くというのは、一見潔いようにも見えますが、その“衰えと格闘する”という事を放棄しているように僕には見えるのです。

さて、今回の中田選手…

体力の限界が来たわけでも、ましてや気力の限界が来たわけでもない(もしそうなら、W杯でのあの必死さが説明できない)状況での引退とは。。

答えはひとつ、彼にとってサッカーがその情熱の全てを注ぎ込むに足る対象ではなくなってしまった、という事のみではないかと。。

それは彼の内的要因より、むしろ彼を取り巻く外的要因の方が大きいのではないかと僕には思われます。

確かに…11人でやる競技の中で、自分はキツキツのピリピリまで全力でやっているのに、そうじゃない人がメンバーやスタッフの中にいたとしたら。。

…モチベーションの低下は容易に想像できますよね。。

確かに日本のプロサッカーは、ここ15年位ですごいスピードで進化しましたけど、それはあくまで技術的な面に留まっていて、もっと心理的な面がなおざりにされてしまっているんじゃないかなと。。

――――――――――――――――――――――――――

さてさて、W杯も準決勝・3決・決勝を残すのみとなりました。
日本代表も別のステージへ進もうとしていますし、このブログのデザインもそろそろ元に戻そうと思います。

ではでは。
posted by きゅりかわ店長 at 13:13| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸事雑感 (時事ネタ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。